パーム油で効率的な発電を可能にするバイオマス発電事業

NEWS INFO

2019.05.09|THU4月26日の日経産業新聞に弊社発電機が掲載されました。掲載内容はこちらから(日経産業新聞) →5月5日の西日本新聞|九州版に弊社発電機が掲載されました。掲載内容はこちらから(西日本新聞) →

Responsible

for the energy business

電力の安定供給を可能にした再生可能エネルギー。

世界の国々の経済成長が著しく、経済が発達するに比例しエネルギー消費量は増え続けています。しかし現在使用されているエネルギーの要である化石燃料は有限で地球環境に優しくありません。近年、地球環境に優しい再生可能エネルギーが注目され、固定価格買取制度の導入により太陽光発電ブームが起こりました。再生可能エネルギーブームは非常に喜ばしいことですが、太陽光発電は性質上、夜間や雨天の発電量は限りなく無いに等しいです。そこでバイオマス発電株式会社では新たな技術に目を向け、日中も夜間も電力を安定供給し、且つ環境問題や福島復興に貢献したいと考えております。

バイオマス液体燃料専用発電機B800P バイオマス液体燃料を使用した発電施設 バイオマス液体燃料パーム油について

EFFIVIENCYバイオマス液体燃料とディーゼル発電機を使用し効率発電を実現致します

バイオマス発電の原料について
バイオマス発電の燃料について原料について

主に原料はパーム油、菜種油、オリーブ油、ひまわり油、などの植物油、魚油や豚脂、牛脂などの獣脂及び廃食用油など、様々な油脂がバイオディーゼル燃料の原料となります。パーム油はアブラヤシの果実から採取される世界で最も生産されている植物油です。

バイオマス発電の発電機について
バイオマス発電の発電機について発電機について

弊社の発電機は北越工業株式会社の発電機をベースに独自開発した、バイオマス液体燃料専用の発電機となります。バイオマス液体燃料を使用出来るようにディーゼル発電機を独自改良し、コンパクトなバイオマス液体燃料専用の発電機を開発致しました。

CLEAN ENERGY

液体バイオマスは地球に優しい発電を可能にする

液体バイオマス発電の原料となるパームヤシは成長過程で、二酸化炭素を吸収し、パーム油を作る過程の燃焼・分解に伴って排出される二酸化炭素の排出量が、成長時に吸収する二酸化炭素の量と同等となる(カーボンニュートラル)為、地球に優しくエコなエネルギーを作り出す事が可能です。

MERIT

比較的小規模な土地であっても設置可能であり、
より柔軟な発電所建設が可能である。

日本の制度上、2Mw/h以上の発電所の設置を行う場合、小規模な発電所より多くの維持管理項目が要求されることによりコスト増大を招く事となります。弊社では複数の発電所を設置するのに十分な土地があった場合には2Mw/h未満の発電所を複数設置することにより、維持管理費の軽減及びスケールメリットの追求を行います。

CORPORATE

バイオマス液体燃料を使用した新たな技術に目を向け、
自然豊かな福島県と共にエネルギー問題に取り組んでいきたいと考えております。

バイオマス発電株式会社について