PLANT DESIGN

PLANT DESIGN

二次資源を利用したバイオマス発電施設の設計と仕組みについて|JAPAN BIOMASS POWER株式会社

JAPAN BIOMASS POWER CO.,LTD.

循環型社会を
可能にする発電施設を構築。

JAPAN BIOMASS POWER株式会社では、
廃棄物等の発生抑制と、
適切な循環的利用と処分による
天然資源の消費抑制で、環境への負担が
できる限り軽減される仕組みを構築。

バイオマス由来の廃食用油による発電を通して、クリーンエネルギーを安定供給するとともに、脱炭素社会の実現に貢献することを目的とした発電施設設計を行います。

create enormous energy

POWER PLANT

PROJECTS

廃食用油を燃料とする
3Rを利用した、
循環型社会に適した
バイオマス発電の流れ。

廃食用油を燃料とする3Rを利用したバイオマス発電施設の仕組みについて

発電施設概要

  • 事業規模

    24時間365日稼働

    投資金額

    780,000千円

  • 発電規模

    西日本

    1,920kW640kW3

    東日本

    1,960kW490kW4

  • リサイクル方式

    マテリアルリサイクル(1部サーマルリサイク)

    資源燃料

    二次資源を利用

燃料について

てんぷらや揚げ物などの料理に用いられた食用油の使用後の油を廃食用油と言います。使用済みの食用油を生活排水として排出してしまうと、水質が汚濁してしまい環境汚染となる為、さらには資源の有効な再利用という面からも、回収・再生の取り組みが近年世界的に進んでいます。

廃食用油について

SCHEME

発電施設運用スキーム

ジャパンバイオマスパワー株式会社が手掛けるバイオマス発電施設運用スキーム

BUSINESS FLOW

運用ビジネスフロー

  • STEP

    01

    廃食用油排出

    【事業者又は家庭から】

  • STEP

    02

    製油工場で燃料精製

    【廃食用油から燃料精製】

  • STEP

    03

    燃料の仕入

    【ISOタンクにて貯蔵】

  • STEP

    04

    廃食用油での発電

    【発電機B800Pを使用】

  • STEP

    05

    電力会社へ売電

    【固定価格買取制度】

提携メンテナンス会社による、
発電施設のメンテナンス契約締結

運転確認・日常の点検,整備

重整備(オーバーホール)

建築スケジュール工数表

【単位|ヶ月】

01.建築・ばい煙許可申請

02.発電所の設計

03.発電機の発注

04.ISOタンクの発注

05.建築工事

06.設備工事

木質バイオマス発電との
違いについて。

木質系バイオマス発電に比べ、敷地面積及び
投資コストが小さく、導入し易い。

二次資源を燃料とし、
マテリアルリサイクルを主としているため、
環境への負荷をより軽減。

フォームでお問い合わせ

2MWの発電所比較

  • 発電方法

    敷地面積

    投資額

    固定買取価格

    売上高

    リサイクル方式

    資源燃料

  • 廃食用油

    廃食用油

    1,650㎡【500坪】

    7.8億円

    17円【2021年度】

    57億円

    マテリアルリサイクル【一部サーマルリサイクル】

    二次資源【リサイクル原料】

  • 木質系

    間伐材

    20,000㎡【6,050坪】

    20億円

    40円【2021年度】

    113億円

    サーマルリサイクル

    一次資源【バージン原料】

◎ 本ページ記載の内容は投資例を示したものであり、内容を保証するものではありません。事業を始めるにあたっては関係機関や専門家等へご相談の上、ご検討願います。