ABOUT SDGs

CORPORATE ACTION

JAPAN BIOMASS POWER株式会社の持続可能な開発目標への取り組みについて

持続可能な開発目標の為に、
当社ができる事。

JAPAN BIOMASS POWER CO.,LTD.

ジャパンバイオマスパワーが行う持続可能な開発目標について

企業責任を
果たす為の理念

当社は、SDGs(2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標)の基本理念に共感し、 SDGsの積極的な推進を図ることを企業目標の一つに掲げております。当社へ寄せられる期待に応え、倫理観をもって企業としての責任を果たしてまいります。

SDGs-sustainable development goals-持続可能な開発目標

SDGsについて。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。

JapanBiomassPowerのSDGsへの取り組み方法

  • 廃棄物を有効活用し、
    循環型社会の実現に貢献。

    廃棄物等の発生抑制と適切な循環的利用・処分によって、
    天然資源の消費を抑制し、環境への負担ができる限り軽減される社会を目指します。

    SDGs-09-産業と技術の革新の基盤をつくろう

    SDGs-11-住み続けられるまちづくりを

    SDGs-12-つくる責任・つかう責任

    SDGs-15-陸の豊かさも守ろう

    廃食用油について
  • 廃食用油を精製したものを使用できる発電機を開発し、電力供給を実施。

    バイオマス液体燃料に対応した国産の発電機を独自に開発。
    世界の環境及び日本のエネルギー事業をより豊かにしたいと考えております

    SDGs-09-産業と技術の革新の基盤をつくろう

    自社開発発電機について
  • 廃食用油を燃料とし、発電することでクリーンエネルギーの実現に貢献。

    バイオマス由来の廃食用油による発電施設を設計し、発電事業を通して、世の中にクリーンエネルギーを安定供給するとともに、脱炭素社会の実現に貢献することを目的としています。

    SDGs-07-エネルギーをみんなにそしてクリーンに

    SDGs-13-気候変動に具体的な対策を

    バイオマス発電所について
  • 地元企業、地域の皆様との連携による、持続可能な社会の実現に貢献。

    地域に貢献できるよう、自治体イベントの協賛や地域雇用を生み出せる企業として、その土地に住まう人々に愛される再生発電エネルギー発電所を目指して参ります。

    SDGs-17-パートナーシップで目標を達成しよう

    企業情報を確認する

RELEASE INFORMATIONリリース情報

TOPICS LIST

※JAPAN BIOMASS POWERウェブサイトで公開しているリリース情報は、どなたでも引用、公衆送信、翻訳、転用、自由に利用できます。ただし、本ページ以外の情報は著作権の対象となりますので、ご注意ください。